超小型カメラ通販・隠しカメラ【盗撮禁止】高画質
  • トップ >
  • 小型カメラのデメリット

税込8000円以上のお買い上げで送料無料

小型カメラのデメリット

小型カメラのデメリット

小型カメラ購入前に知っておくべきデメリット!

隠しカメラやスパイカメラとして高性能な小型カメラですがデメリットは一体なんでしょう。
利用シーンや小型だからこその取扱上のデメリットを覚えておけば、撮影する際にきっと役立つと思います。


超小型カメラはバッテリーも少量になる

基本的には、バッテリー内臓型が多いので、常に電池の心配があることです。
急な撮影の時にバッテリーがない!なんていうことも考えられますので、小型カメラ用大容量バッテリーを常備すると便利です!


高画質になると記憶容量がいっぱいになる

他にも、内臓される記録容量が心配という面も考えられます。
隠しカメラの進化で高画質化が進むと内臓メモリの容量が思ったより早くなくなって、撮影時間が確保できないのは大きな機会損失に繋がってしまいます。


しかし、microSD対応の超小型カメラならば差し替えて、記録容量を確保できますし、自動microSD上書き機能を搭載した機種も増えております。
もしも長時間録画の小型カメラを検討している場合には、microSD対応、さらには上書き機能を選択しればデメリットは一気に解消されます。


小さすぎて紛失しやすくなった

小型化が進むにつれて、小さすぎて失くしてしまう方もいるようです。
そういった場合には、キーホルダー型カメラメガネ型カメラなどの身につけられる製品が良いかもしれません。
ポケットサイズの超小型カメラは取り扱いにも十分気をつけたいですね。


撮影開始の合図がわかりにくい

小型カメラのデメリットとして、あえてあげるならば、撮影中か外観から判断しにくいという部分もあります。
隠しカメラの特性上、「現在撮影中です」といったアピールが一切ない商品が多いです。
音やシグナルも消せる(そもそも出ない)商品ではまず見分けがつかないのが欠点と言えるでしょう。
この機能を逆手に取って盗撮機器として利用される場合がありますが、個人情報の侵害や映画の盗撮行為は法律や条例で禁止されています。


被写体の撮影に慣れが必要

撮影方向を定めるのが難しいという部分もデメリットとしてよく上げられます。
これは、撮影している動作やレンズの向きを見た目からわからないという小型カメラならではの特徴かもしれません。
被写体を撮影しているつもりでもまったく別の部分を撮影してしまっていることも少なくないようです。
これに関しては馴れと技術でカバーするしかありません。


小型カメラのデメリットは解消されつつある

他にも少し前までは、お値段や機能性にバラつきがあり、各機種ごとにデメリットがありましたが、現行モデルではほとんど機能差がなくなり、高画質でハイスペックの商品が増えています。
用途から購入機種をきちんと比較検討すれば、購入の失敗はなくなります!


おすすめの売れ筋小型カメラはコチラ!

カートを見る

小型カメラカテゴリー

商品検索

小型カメラについて

超小型カメラ通販サイト紹介

安心と信頼第一に考えて、最新の小型カメラ・隠しカメラをいち早く仕入れております!
高画質な小型カメラの進化は凄まじく、赤外線や動体検知などもご用意しております。
是非とも体感して下さい!
盗撮カメラとしての利用は厳禁です
支払い方法
【Amazon Pay】
  • Amazon Pay
Amazonアカウントに登録している住所情報とクレジットカードで決済が行なえます。住所入力、クレジットカード番号の入力は不要です。Amazonポイント、Amazonギフト券はご利用いただけません。
【カード決済対応会社】
下記カード会社に対応しております。
  • JCB
  • MasterCard
  • VISA
  • American Express
  • Diners
【代金引換】
代引金額 代引手数料
1万円まで330円
3万円まで440円
10万円まで660円
30万円まで1,100円
一部商品で対応していない場合がございます。
>> 詳しくは「支払い方法について」
【領収書について】
>> FAQ をご覧ください
配送
【配送料について】
配送料は一回のご注文につき、一律550円となっております。
ご注文合計金額が税込8,000円以上の場合および送料無料商品を含む場合は、送料無料でお届けいたします。
ただし、沖縄、離島など一部の地域は別途送料が必要となる場合があります。
その際は、ご注文確認画面に注意書きが表示されます。
>> 詳しくは「配送について」
税込8000円以上のお買い上げで送料無料